読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OAO

開発とかBTSとかIDEとかスクラムとか 書くかもしれないブログです たぶん

第一回 Agile Samurai 読書会 埼玉道場

AgileSamurai 埼玉道場 JR

3月10日(土)に第一回 埼玉道場を開催してきました。
I've been holding a dojo in Saitama on Saturday, March 10.

はじめに

興味を持って、実際に足を運んでいただいて、僕らに熱く語ってくれたジョナサン(@jrasmusson)ありがとう!
First.
Thanks for coming our dojo!
Most remain in the mind the story of the jar, it seemed the truth.

24日のDojo Gatheringでまた会いましょう。
Let's meet again in the Dojo Gathering on March 24.

席について

入場時にプランニングポーカーを引いてもらい、対応する番号の席に座ってもらいました。
(某PO勉強会の席ぎめを真似しました!)

開催にあたって

埼玉道場として3つの約束を宣言しました。

  1. 我々自身がわくわくし楽しむことをやめない

 監訳者あとがきにもありますが、我々は「このやり方が楽しい」という事に気づいてしまった。
 なので、当道場では楽しむ、わくわくする、をモットーに進めていきます。

  1. 我々はチームであり、仲間であることを理解する。

 この本に出会い、わくわくしてしまった仲間が集まったのがこの道場です。
 我々は一丸となって道場の仲間(チーム)が出くわした手強い問題や、ぶちのめされる為に出てきた
 問題を皆で解決する事をモットーに、進めていきます。
 くだらない問題や疑問なんかない。

  1. 第一回のお約束

 今回は私と@alterakeyの二人で考えた読書会です。
 KPTや振り返りで参加者の人が出した意見を反映して、より良い読書会にしていきましょう。
 

流れ

4人卓を4つ作って、そこに座ってもらう。
スクラムをやってる人と運営側は1人1卓。

読書範囲は第一章。
疑問が出たらポストイットに書いてもらう形で読書スタート。

反省点

私のテーブルでは第一章の時点で後半の内容について話すなど、問題点が多かったので
次回はどうするか考える。
KPTとか振り返りをし忘れた!
理由が理由なので、アレですが・・・(後述)

サプライズプレゼント

そうしてこうなった

f:id:inda_re:20120310134110j:plain

That the story of Jonathan

f:id:inda_re:20120310163147j:plain
f:id:inda_re:20120310163738j:plain

Special thanks to....

@jrasmusson
Thank you for writing such a wonderful book!

@miholovesq,@mike_neck
通訳とお迎えありがとうございました!

@nawoto,@kakutani
お二人のおかげでとても素晴らしい道場が開催できました!

@tyobichi
お菓子&受付&写真撮影 ありがとうございました!

今回の参加者

@shin_semiya
@e_mumble
@takesiesz
@KoukoMatsumoto
@alterakey
@moyashidaisuke
@miholovesq
@ryotasaito
@tanabata77
@rocket_usagi
@sinomun
@junpei_iwa
@kojiokb

おまけ

f:id:inda_re:20120310184043j:plain
f:id:inda_re:20120310185310j:plain